夫に内緒でカードローンに申込めるの?

ポイントがわかれば怖くない!専業主婦のカードローン利用

カードローンでお金を借りていることは内緒にできます!
それには申込めるカードローンに申込むこと・バレる理由を知って先回り、対策を立てることが重要です。

ポイントをつかめば難しくはありません!
わかりやすく紹介しますので、書いてある通りに実行して下さい。

専業主婦が申込めるカードローンに申込む

カードローン利用には『自分自身に収入があること』が大きく影響してきます。
収入のある人ならば銀行カードローン・消費者金融・クレジットカードでの現金借入など借りられるローン会社が選べます。
無収入の専業主婦は現在銀行カードローンでしか借りられないと法律で決まっています。

お金の貸し借りを規制する法律『総量規制』

消費者金融・クレジットカード会社が営業するための法律「貸金業法」の中に『総量規制』が2010年に新しく定められました。
お金を貸しても完済できる返済能力があるか、しっかり確認することで多重債務にさせないための規制です。

この法律により収入なしの専業主婦は消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠利用は不可となりました。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンは銀行の商品の1つです。
銀行は貸金業ではなく、銀行業になります。

貸金業ではない ⇒ 総量規制は最初から関係ない ⇒総量規制の対象外
このことから銀行は専業主婦が借りられる総量規制対象外のカードローンのみなります。
(※銀行運営のカードローン以外は申し込み資格がないということになります)

専業主婦に申し込み資格がない銀行カードローンもある

総量規制の対象外でないだけで、銀行のローンならだれでも申込めるものではなく、貸出可能な対象を決めるのは各銀行です。
専業主婦は申込み不可のカードローンもあります。
カードローンの商品概要に申し込み資格の記載があります。

専業主婦のカードローン申込み条件

まずは下記の2つの条件があれば申込めます。

  1. 配偶者(夫)に安定収入があること
  2. 毎月大きな上下もなく、平均して同じ額の給与があればOK。
    会社員・派遣、契約社員・パート、アルバイトなど雇用体系は関係ありません。

    配偶者の収入で生活しながら返済もしていくので、返済できない月がない様1年を通して均一に収入があることが条件とされます。

  3. 契約者(あなた)の身分証明書の提出
  4. 顔写真・現住所・氏名・生年月日が確認できる運転免許証が最も好まれます。
    免許がない人は保険証やパスポートでも代わりになります。

    犯罪防止のために契約者の確認が必要になります。

内緒にするために知っておく!借入がバレる理由と対処法

カードローン利用の口コミなどから旦那にバレる要素がわかってきています。
対処法といっても気をつけたらいい程度のレベルなので、簡単にできます。

  • 家族に共通のPCでの申し込み
  • PCの観覧履歴やログインしっぱなしでカードローン会社からのお知らせを見られたなどがあります。
    個人のスマホからなら安心です。

  • 返済遅延による連絡
  • 返済が遅れるとローン会社から連絡がかかってきたり、督促状が届くことも。
    返済日を守れば基本的にカードローン会社からの連絡はないので、心配はありません。

  • 利用明細を見られた
  • 郵送で利用明細が届きますが、郵送を断りインターネットで掲載を確認するWEB明細に切り替えることが可能。
    家族の目に触れない対策は可能です。

キャッシング会社側の気配りも

誰だってお金を借りていることは他人に知られたくないもの。
ローン会社もでいる限りの配慮をしてくれています。

  • 郵送の封筒名は銀行名のみ(カードローン・キャッシングも記載はしない)
  • 在席確認はオペレーターの個人の苗字(斉藤や鈴木など)で連絡、カードローン名は名乗らない
  • 連絡をして欲しくない・困る時間を伝えれば避けてくれる
  • 他人に申込み、借入の情報をばらすことはない

個人情報を守り、あなたの要望にはできるだけ応えてくれます。
希望があれば、申込みを済ませてから問い合わせの連絡先に問い合わせて伝えましょう。
このひと手間でバレる心配がなくなりますよ。

専業主婦が借りられるカードローンの基礎知識

申込み前に要チェック!
気になる基本の疑問に答えるまとめを作りました。

  • 借入限度額
  • 生活費の範囲内で返済できるように最高30万円~50万円と制限があります。
    審査によって決定されます。

  • 金利(実質年率)
  • 限度額が多い(返済能力が高い)人ほど金利が安くなるのが金利の仕組み。
    専業主婦は限度額も少ないので最高金利で借りることになります。
    『○%~●%』と書いてある後ろの数字(●%)が該当金利となります。
    後ろの数字が小さければ小さいほど「低金利」といえます。

  • 収入証明の提出
  • 必要ありません。
    100万円や300万円以上など高額借入希望の場合は必要になります。
    (各銀行により要提出の金額に違いあり)
    利用限度額が少ない専業主婦は関係ありません。

  • 配偶者への影響
  • ありません。
    将来組むことになるかもしれない住宅ローンやマイカーローンも、ローンを借りるのが夫ならば妻は審査対象外。
    夫の個人信用情報に妻の借入が記載されることも、一切ありません。
    信用情報はその人本人だけのもの。
    夫婦であっても本人以外の情報は関係ないとされ、書かれることはありません。

  • 審査
  • 返済能力や限度額の決定が行われますので、必ずあります。
    『審査なし』はあり得ません。

  • 在席確認
  • なしにはできません。
    携帯にかけてもらうこともできます。
    万が一家族が連絡を受け、「出かけています。」と応えれば『不在なだけで間違いなく住んでいる』とされ、確認OKとなります。
    自分が連絡を受けない間に確認が住んでいるため、『在席確認がなかった』と思う人もいます。
             

  • 即日融資
  • 可能です。
    『申込み銀行の普通預金口座(あなたの名義)があること』や『○時までの申込み、または契約が完了していること』など満たさなければいけない条件があります。
          

  • 返済額
  • 各金融機関によって最低返済額が決まっています。
    10万円借りている人は最低2,000円は必ず返済、それ以上ならいくらでもOKというものです。
    WEB明細で確認ができます。

関連記事

専業主婦でも借りられるカードローン入門※スマホで内緒の申込み
http://www.iufro2010.com/

これからお金を借りたいけれど不安がいっぱい…専業主婦が安心して申込める銀行カードローンを紹介しているサイトです。
キャッシングに関する全てをわかりやすく解説しています。